頂き物トップに戻る

頂き物3・アイコン不意打ち編

このページで紹介するのは、イラストではなくドット絵。
鬼雷 昇炎さんがTwitter上で行った企画「アイコン不意打ち」の対象にして頂いた、
自分の元イラストと鬼雷 昇炎さんのドット絵の比較紹介。

「既存イラストをファミコンと同等の制限下かつ縦横32ドットでアレンジする」という事が、
どれくらい凄い技術や発想であり…調整がどの程度大変かについても、
わたしの視点で多少ながら紹介します。

●鬼雷 昇炎さん
ホームページ「DASTARD」、TwitterID「kirai_s」、pixivID「1552773」

--------------------------------------------------------------------------------

2013年07月06日(土) のものを使用
2015年09月22日(火) サイトにアップ

鬼雷 昇炎さんが、pixivにてアイコンをまとめる際に併せて提示する
「ファミコンで出力可能な全色分のカラー」と定義しているカラーパレット。

ファミコンのハードウェア仕様上、BGやスプライトを複数重ねない限り
「単一の対象に使用可能な色は透明色1色を含む4色」であり、
氏はこの4色制限の範囲で元イラストを縦横32ドットに落とし込んでいます。
色を正確に割り当てる前の、グレー4階調のバージョンも併せてご紹介。

このページで紹介するのは、当時アイコンにしていたわたしのイラストが元絵という事で
「gif形式かつ小さな縦横ドット数」、「2Dのゲームキャラのドット絵っぽい色彩感覚」なので
ドット絵からドット絵への落とし込みにおける相性は良い方(それでも難しい)と思います。

が、氏はなんと…この莫大な制限下で、
大きなドット数のイラストのアイコンや実写アイコン、明らかに4色を超えたアイコンも含む
ありとあらゆるタイプのアイコンを「4色の縦横32ドット」に落とし込んでいました。

--------------------------------------------------------------------------------

2013年12月30日(月) 鬼雷 昇炎さんが「アイコン不意打ち」実施、公開
2015年09月22日(火) サイトにアップ
●pixiv該当イラストID「40647222」

「アイコン不意打ち」の対象にして頂いた第3弾は、オリジナルキャラの蟹の女の子・マミ。
ギザギザした口に、フリルに、脚に、色を選定した際の色の同化…考えるだけで恐ろしい!

元々が小さなドット絵みたいなものなので、さらに小規模に直すとなれば明らかに高難度。
それなのに、無理の無い形で仕上げられるとは…3回目が一番驚きました!
小さなサイズのドット絵を多く制作されている、鬼雷さんの技術の高さを感じられます。

--------------------------------------------------------------------------------

2013年08月03日(土) 鬼雷 昇炎さんが「アイコン不意打ち」実施、公開
2015年09月22日(火) サイトにアップ
●pixiv該当イラストID「37703881」

当時のアイコンはオリジナルではなく、この『ゾイド中央大陸の戦い』のゴジュラス。
元々ファミコンのゲームキャラなのを自分の絵柄で描いているイラストだったので、
ファミコン寄りの絵を氏がファミコンのハードウェア制限で打ち直されるという、
非常にややこしい図式になっていました。

「影になる部分」や「表情のポイントになる線」に主線と同じ黒を残し、
明るくしたり主線が消えたりしても問題の無い部分を思い切って変更されており、
氏の活動を見る限り厄介なケースに相当するのではないかと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

2013年07月06日(土) 鬼雷 昇炎さんが「アイコン不意打ち」実施、公開
2015年09月22日(火) サイトにアップ
●pixiv該当イラストID「36876539」

はなまる先生をアイコンにしていた時が、「アイコン不意打ち」の対象にして頂いた初回。
アイコン用に、ここからトリミングや背景色変更などの加工は少し行っていましたが。

原色バリバリのイラストが元だから色を減らせないのでは…と思いきや、
胸の色を減らしたり、メガネにかかった輪郭の主線を消したり、
細かくも高度なテクニックがいくつも繰り出されていて驚いた記憶があります。

まつ毛や襟元といった重要なパーツが極力他の主線に重ならないように
調整されているので、単なる縮小と減色ではない事が分かると思います。
特に…最も凄いと思うのは、はなまる先生の「右手を口元に持っていく癖」の表現!
表情の情報が口元に集中している状態なので、「口元に接している部分の手の主線を消す」事で
口元の表情がきちんと見えるようになっている点!

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

inserted by FC2 system