『グレイトヒッツ』攻略トップに戻る

『グレイトヒッツ』キャラ名引用元音楽用語

 

『グレイトヒッツ』のキャラ名は音楽用語の引用やパロディが大半。
分かる範囲で調べたので、キャラの背景について推測するヒントになるかもしれない。
「元の音楽用語からそのまま引用されている名前」や「明らかにパロディの名前」の他、
筆者が調べた限り「本当に元ネタか確証が持てない音楽用語」もある点は予めご了承頂きたい。

先頭の「ピアニシモ」から「チッキン・テールピース」までは
『グレイトヒッツ』本編の「セカンドマシン」の項目「Profile」の「職業順」ソート準拠でキャラを並べている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
タレント名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

タレント名の英語表記で参照している情報は
「セリフテキストでの表記」「タレントスーパー」「取扱説明書」「各種攻略本」となっている。
また、一部キャラは「・」(中点)の有無や「-」(ハイフン)の有無などで公式側が表記揺れしている点に注意。

--------------------------------------------------------------------------------

名称 他表記パターン 引用元音楽用語の解説とネーミング考察
ピアニシモ ●タレントスーパー
Pianissimo

●愛称
ピア

●愛称英語
Pia

●用語の解説
「pianissimo」はイタリア語の演奏の強弱用語のひとつ。
イタリア語で「ごく弱く」という意味。

●『グレイトヒッツ』では
セリフテキスト上では基本的に愛称の「ピア」で呼ばれる。

カストラート ●タレントスーパー
Kastrat
●用語の解説
中世ヨーロッパにおける「去勢された男性歌手」の意。
「kastrat」はドイツ語の単語だが、イタリア語の「castrato」と同義。
これが語源となり英語の「castrato」は「去勢する」という意味なんだとか。
ジョア ●タレントスーパー
Joie
●用語の解説
「joie」はフランス語で「愉快」「喜び」といった意味の単語。
曲調や奏法の説明に使われる単語?

また、著名なドイツのクラシックである
「ベートーヴェン:交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』」は
フランス語表記だと「Ode a la joie」となる為、ここから取っている可能性も。
ベルリラ ●タレントスーパー
Bell-Lyra

●公式ガイド英語表記
Bell Lyra

●契約画面
ベル・リラ

●用語の解説
「bell lyra」(ベルリラ)はマーチングバンド用の鉄琴の事で、
似た楽器である「glockenspiel」(グロッケンシュピール)のポータブル版。
逆に「ベルリラがグロッケンシュピールの一種」と簡易的に説明される場合もある。

ベルリラは「片手で支えてもう片手でマレットを使い演奏する」という
スタイルの楽器なのだが、演奏が片手である為に高度な演奏は困難であり、
それが理由で小学生や幼稚園の鼓笛隊で使われるケースがあるそうだ。

●『グレイトヒッツ』では
ベルリラは「年齢不詳のチョップを除けば最年長タレントである」という点が、
名前の由来となった楽器とのギャップが大きく興味深いところである。

また…推測の根拠は後述するが、元々はストンプタウンの在野タレントとして
デザインされていたのがライバルクリッパー専属タレントに扱いが昇格した
可能性が考えられる、色々な意味で気になるキャラ。
タレントショップの契約画面では「ベル・リラ」と表記される。

ビーバップ ●タレントスーパー
Be-Bop
●用語の解説
「bebop」はジャズに多数存在するジャンルのひとつで、
即興演奏(アドリブ)が主体となる内容。

●『グレイトヒッツ』では
なお、ゲーム中での英語表記は「Be-Bop」と2単語扱い。

ザ・ラジアルミックス ●短縮
ラジアルミックス

●短縮英語
Radial Mix

●タレントスーパー
The Radial Mix

●用語の解説
「Radial」は、ギターエフェクターの実在ブランド「Radial」から引用したらしい?
「Mix」は、音楽用語としては複数の音声ファイルやデータを
混ぜて使用し1つの音やデータを作り出す事を指す。

●『グレイトヒッツ』では
ゲーム中のセリフや説明テキストでは、文字数の都合で
単純に「ラジアルミックス」か「ラジアル」と呼ばれる事が多い。

ヴィオラ ●取説参照
Viola
●用語の解説
「viola」は英語またはイタリア語の表記。ヴァイオリン族の擦弦楽器のひとつ。
後述するが、「braccio」「pomposa」と組み合わせると別の意味にもなる。

●『グレイトヒッツ』では
「ザ・ラジアルミックス」の、赤紫色の衣装の少女。
ちなみに、書籍『グレイトヒッツ 究極本』P44では誤って「ビィオラ」と書かれている。

ブラッチョ ●取説参照
Braccio
●用語の解説
「braccio」はイタリア語で「腕」という意味の単語。
音楽用語としては熟語を構成する単語のひとつで
例えば「viola da braccio」(ヴィオラ・ダ・ブラッチョ)という熟語になると、
肩と腕で支えて演奏する擦弦楽器の総称となるそうだ。

●『グレイトヒッツ』では
「ザ・ラジアルミックス」の、青い衣装で逆毛の少年。
ちなみに、書籍『グレイトヒッツ 究極本』P44では誤って「ブランチョ」と書かれている。

ポンポーサ ●取説参照
Pomposa
●用語の解説
単語としての「pomposa」は、地名にもなっているイタリア語の単語。
厳密にはイタリア語の形容詞「pomposo」の女性形で、意味は「豪華な」「華麗な」。
また、「viola pomposa」(ヴィオラ・ポンポーサ)というチェロの系統の弦楽器が
18世紀ヨーロッパに存在しているとのこと。

●『グレイトヒッツ』では
「ザ・ラジアルミックス」の、黄色い衣装で帽子をかぶった少年。
ブラッチョとポンポーサは、ヴィオラの仲間という意味では
これ以上の元ネタ選定はそうそう無いと思われるのだが、
女性形単語を男性キャラ名の元ネタとして使う点は興味深い。
「ポンポーソ」と「ポンポーサ」で比べて、単純に
カタカナで表記した場合の語感を重視した可能性もある?

ちなみに、書籍『グレイトヒッツ 究極本』P44では誤って「ボンボーザ」と書かれている。
『グレイトヒッツ公式ガイドブック』P12では「ポンポーザ」。惜しい。

ホローボディーズ ●タレントスーパー
Hollow Bodies
●用語の解説
「hollow body」(ホローボディー)は、エレキギターの構造を指す分類名。
ボディが空洞になっているから「ホローボディー」なんだとか。
パン ●取説参照
Pan
●用語の解説
英語の音楽用語「pan pot」(パンポット)の略語が「pan」(パン)。
音の左右の定位の事で、各パートの左右の位置設定における用語だそうな。

●『グレイトヒッツ』では
「ホローボディーズ」の、ボーカルの少女。

エレジー ●取説参照
Elegie
●用語の解説
「elegie」(エレジー)は、英語の音楽ジャンルの事。
日本語では「哀歌」や「悲歌」、「挽歌」等と表記する。

●『グレイトヒッツ』では
「ホローボディーズ」の、ギターの少年。

ユンロー ●タレントスーパー
雲鑼

●公式ガイドブック
Yun-Ro

●用語の解説
「雲鑼」は中国語であり、英語ピンイン表記では「Yun Luo」。
これをカタカナ読みした場合は、「ユンロー」とも読める。
「雲鑼」は日本語では「うんら」と読む中国発祥の打楽器で、
同じく中国発祥の「銅鑼」(どら)を複数並べたような構造。
日本でも明楽に用いられる場合がある、との事。

●『グレイトヒッツ』では
ライバルである月琴鳴子の「月琴」も中国と日本で使われた伝統的な楽器だそうで、
中国と日本の両方に接点がある楽器という点では共通している。

なお、『グレイトヒッツ公式ガイドブック』での英語表記は「Yun-Ro」。
分かりやすさを重視するためか、ピンイン読みではない。

月琴鳴子 ●富士山プラカード
NARUKO

●公式ガイド英語
Tsukikoto Naruko

●用語の解説
「月琴」は、日本語読みで「げっきん」。
日本、中国、ベトナムの3ヶ国における伝統的な弦楽器。リュートに似ている。
また、「鳴子」の読みは「なるこ」。これは、楽器でも楽器以外でも使われる道具。

●『グレイトヒッツ』では
前述した通り、ライバルであるユンローの「雲鑼」(うんら)も
中国と日本の両方で使われた伝統的な楽器であり、
どちらにも接点がある楽器という点では共通している。

なお、「月琴鳴子」の読みは引用元に従うなら「げっきん なるこ」であるが
『グレイトヒッツ公式ガイドブック』P13では「Tsukikoto Naruko」、
『グレイトヒッツ プレイヤーズブック』P33では「つきこと なるこ」と
記載されている為、彼女の名前の読みは「つきこと なるこ」が正解。

チョップ ●タレントスーパー
Chop

●契約画面
チョップじいさん

●用語の解説
「chop」(チョップ)は英単語だが、音楽用語としては様々な意味を持つ。
時にギターのフィンガーテクニックであったり、時にサンプリングした音素材を
細切れにして使用するという意味であったり、単語としての姿は多岐にわたる。
ウッドブロック ●タレントスーパー
Woodblock

●契約画面
ウッド・ブロック

●用語の解説
「wood block」(ウッドブロック)は、日本の木魚に似た木製の打楽器。
空の堅い木に割れ目が入れてある構造で、スティックて叩いて演奏する。

●『グレイトヒッツ』では
なお、『グレイトヒッツ』では「Woodblock」と1単語の名前となっている。

バックロード ●タレントスーパー
Backroad
●用語の解説
スピーカーの構造に「バックロードホーン型」という分類があり、これは
スピーカーユニット後方から発生する低音をホーンによって増幅する方式。
キャラ名の「バックロード」は、ここから取ったと考えられる。
バックロードホーン型スピーカーは英語で「Back loaded horn speaker」と表記。

●『グレイトヒッツ』では
強烈な音を出していきそうなバックロードにぴったりな名前!
『グレイトヒッツ』のタレント名としての「Backroad」は1単語の名前だが。

●「バックロード」のキャラクターデザインについての推測
また、音楽用語ではないが「X JAPAN」のHIDE氏や、氏をモチーフにしたと思われる
「よっちゃん食品工業株式会社」の駄菓子「タラタラしてんじゃねーよ」も
モチーフではないか…という意見も聞いた事がある。真相やイカに。タラだけど。

ライ ●攻略本英語表記
Rai

●契約画面
女船長ライ

●タレントスーパー
Captain Rai

●用語の解説
英語やフランス語では「Rai」(ライ)と表記する、
アルジェリア西部オラン地方が発祥のポップ音楽が存在する。

●「ライ」の詳細
ライは発祥地がアラビア語圏だった為に当初の歌詞は原則アラビア語だが、
「政治的または宗教的な歴史上の事情」が理由で後に
ライ歌手を含めたアルジェリアの音楽家はフランスに活動拠点を移した為、
原語であるアラビア語だけでなく、フランス語による曲も多いらしい。
恋愛、愛欲、アルコール等、イスラム社会において
タブーとされる過激なテーマや歌詞を扱うケースが多いそうな。

●「ライ」のキャラクターデザインについての推測
アウトローなライにこれ以上無い程、ふさわしいネーミング。
また、「アルジェリア」と「海賊行為」は歴史的に切っても切れない事象だそうな。
「ダストタウン暗黒街の顔役の一人娘」というバイオレンスな出自と
ダーティーな性格、そして直球勝負の海賊ルックはこれが理由と思われる。
アルジェリア人か、アルジェリア系フランス人の可能性がある?

--------------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
タレント以外の人物名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『グレイトヒッツ』のキャラクターデザインを担当された「渡辺けんじ」氏による
公式イラストが公式媒体に存在しない人物名については、
英語表記を行っているものはおそらく存在しないと思われる。

名称 他表記パターン 引用元音楽用語の解説とネーミング考察
ドンノイズ ●取説
ドン・ノイズ

●取説英語
Don Noise

●用語の解説
「Noise」は「雑音」や「不要情報」など多岐に渡る意味を持つ英単語だが、
「ノイズミュージック」という音楽ジャンルも存在する。
これは、楽音ではない音をメインにしたジャンルだそうな。

●『グレイトヒッツ』では
それもだが…音楽用語以前に、『グレイトヒッツ』の舞台である
「ノイズシティ」でナンバーワンのクリッパーだから
「ドン・ノイズ」という称号で呼ばれている、という単純な理由によるネーミング?
なお、ゲーム中のセリフテキストでは基本的に中点を除いた「ドンノイズ」表記。

ディミニッシュ - ●用語の解説
「diminish」とは、ギター等のコード用語。
和音を使った手法を指すらしい。
ホーンライク - ●用語の解説
「horn like」は英語のボーカル用語。
管楽器以外の楽器やヴォーカルが、管楽器のような演奏をする事…らしい。
フラットワウンド - ●用語の解説
「flat wound」は英語の音楽用語で、ギターやベースなどの弦楽器の用語。
芯線に対して巻き弦が平らなものが「flat wound」、
芯線に対し細くて丸いワイヤーを巻き付けた弦が「round wound」。
メディアペティア - ●元ネタの推測
音楽用語で「media」というと、マスメディアか記憶媒体の事を指すと思われる。
で、「petia」は…詳細は分からなかったのだが、
とりあえず「Petia」(ぺティア)というブルガリアの女性歌手の情報はヒットする。

ブルガリアの女性歌手「Petia」のフルネームは「Petia Pavlova」(ぺティア・パブロワ)、
彼女のデビューは1994年らしいので活動は『グレイトヒッツ』発売以前からであり、
「メディアペティア」の元ネタとなっている可能性は否定出来ない。

●『グレイトヒッツ』では
歌手としての活動とともに、『グレイトヒッツ』発売よりも数年前に、
モデルやグラビアアイドルとしても活躍していたらしいので
セクシーさや大人の女性の色気という意味では確かに踏襲していると思う。

ソレノイド - ●用語の解説
フランス語アルファベット表記は「solenoide」。英語だと「solenoid」。
どちらの場合もコイル状のものを指す単語であり、日本語では「電磁弁」と呼ぶ。
音楽関係では、ソレノイド素子を「楽器を機械に自動演奏させる」という
特殊な用途に使用する場合があるそうな。
マンホー - ●用語の解説
まず間違い無く、ラテン音楽およびダンスの「mambo」(マンボ)が元ネタ。

●『グレイトヒッツ』での設定ミスと思われる部分
しかし、設定ミスにより名前の意味が通っていないキャラになった可能性がある。
このマンホーというアレンジャーは
ステージ6課題曲「DREAMS」のロックアレンジ版を制作するキャラなのだが
「DREAMS」にはもうひとつのアレンジ版である
隠し曲「DREAMS(マンボ)」が存在しており、
この「DREAMS(マンボ)」は本編クリア後のイベントの景品として登場する。

●真相を推測した根拠
「DREAMS(マンボ)」という曲は、その名の通りマンボ風アレンジなのだが、
おそらく本来はこちらがステージ6課題曲として提出可能な「DREAMS」のアレンジ版で、
「マンホー」というキャラ名もラテン音楽の「マンボ」(「Mambo」)のもじりだった…が、
どういうわけか「マンホー」というキャラ名が残ったまま
「DREAMS」ロックアレンジ版の方がアレンジャー対象曲になってしまったと思われる。

サブ - ●用語の解説
おそらく、実在の大物演歌歌手「北島 三郎」氏の著名な愛称「サブちゃん」が元ネタ。
サブは演歌アレンジを担当するアレンジャーなので、これは断定してもよいかと。

●『グレイトヒッツ』では
作中で他にもタレントの「月琴鳴子」、富士山区画の顔役「ノブナガ」といった、
明らかに日本人名のキャラがいる以上は間違いないと思われる。

え?九龍区画の顔役「トウタク」は三国志の武将「董卓」が元ネタだし、
「ユンロー」もピンインのカタカナ読みなんだから「Dong Zhuo」カタカナ読みで
「ドンジュオ」じゃないと統一感が無くて変だって?
『グレイトヒッツ』は日本語のゲームなんだから細かい事をいちいち気にしない!

ゴゲスペル - ●用語の解説
アメリカ発祥の宗教音楽「ゴスペル」、英語で「Gospel music」のカタカナもじり。
「Gospel」という英単語自体の意味は「福音」「福音書」の意味。

●『グレイトヒッツ』では
セカンドマシンにおける「ゴゲスペル」の説明も
「ゴスペル狂い」という文言から始まっているので、これが正解で確定。

レゲラルタ - ●用語の解説
ジャマイカ発祥の音楽ジャンル「Reggae」(レゲエ)のカナカナもじりと思われる。
「ラルタ」部分がどういう意図のネーミングなのかは分からない。
ディスタス - ●用語の解説
「Distortion」(ディストーション)とは、
意図的に歪んだ音色を得るギターエフェクターの事らしい。

●『グレイトヒッツ』では
セカンドマシンでの説明が「ディストーションギターばりばりの」という文言から
始まっているので、とりあえずこれで正解と思われる。

リズムンベーサー - ●用語の推測
音楽ジャンル「Drum and Bass」(ドラムンベース)と、
「R&B」(アール・アンド・ビー)もしくは「Rhythm and Blues」(リズムアンドブルース)の
両方の音楽ジャンルを複合して元ネタにしていると思われる。

●「R&B」について
「R&B」と言ってしまうとほぼ前述の「Rhythm and Blues」を指すが、
ごく稀に「Rhythm and Bass」(リズムンベース)の略である…とされる場合もあるらしく、
レアケースではあるがこの「Rhythm and Bass」が元ネタという可能性も捨てきれない。
また、海外で「ROSES」というバンドが「Rhythm N Bass」という曲を出している模様。

ピコリーナ - ●用語の解説
イタリア語で「piccolina」、「小さな可愛いもの(女の子)」という意味らしい。
楽器の「ピッコロ」は英語・イタリア語表記で「piccolo」だが、
イタリア語で「piccolo」が「小さい」、それに縮小辞「ino」が付いて女性形で「piccolina」。
イタリア語文法に詳しくないので、厳密に音楽用語と言えるかこれ以上はわからないが、
とりあえず楽器のピッコロから取っている事自体は合っている?
意味から考えると、女性ピッコロ奏者をピコリーナと呼ぶ…とは考えづらいが。
エアロ・シミズ - ●用語の解説
明らかに、実在の超大物ロックバンド「Aerosmith」(エアロスミス)のもじり。
チッキン・テールピース ●取説英語
Chicken Tailpiece
●用語の推測
「tailpiece」(テールピース)は、英語で「巻末」などの意味の単語。
音楽用語としては、ギターやヴァイオリンなどの弦楽器で弦を留めている部品の事。
「chicken」(チッキン)は…音楽用語ではなく、単純に英語スラングの「臆病者」の事?

●楽曲「The Chicken」について
また、著名なジャズの楽曲に「The Chicken」という曲目があり、
これがジャムセッションに非常に向いている…という話はネット上に出てくる。
主人公と二人三脚で…という意味でのセッション、そこからの「chicken」なのだろうか。

ポップ・チップス ●取説英語
Pop Chips

●プレイヤーズブック愛称
ポップ

●用語の解説
「ポップ」は、音楽ジャンルの「pop music」(ポップ・ミュージック)から取られたと思われる。
「pop」という英単語自体は「pupular」の省略形の単語。
「チップス」は「chip tune」(チップチューン)か、「chip」(チップ)の複数形から?

●『グレイトヒッツ』では
『グレイトヒッツ』の主人公。名称は変更可能だが、公式名は「ポップ・チップス」。
取扱説明書ではカタカナで「ポップ・チップス」、英語で「Pop Chips」と表記。
書籍『グレイトヒッツ プレイヤーズブック』では単純に「ポップ」と呼ばれる。
音楽に関係したゲームで大衆の人気を得る、という意味では絶妙なネーミング。

●「Popchips」についての余談
なお、「Popchips」(ポップチップス)というアメリカの企業が
ノンフライポテトチップス(油で揚げず熱と圧力で仕上げる)を
企業名と同名のブランドで製造販売しているが、これは2007年に登場した企業である為
1998年に発売された『グレイトヒッツ』とはおそらく関係の無い話と思われる。

--------------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
団体名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

基本的には看板や、街中のガイドなどに英語表記がある。
音楽用語が関係している団体名は、メインタウンのビデオクリップ会社のみの模様。

--------------------------------------------------------------------------------

名称 他表記パターン 引用元音楽用語の解説とネーミング考察
ハーモニー・メジャー・レーベル ●愛称
ハーモニーメジャー

●メインタウン背景
Harmony Major

●看板、企業名スーパー
Harmony Major Label

●用語の解説
「Harmony」、「Major」、「Label」、構成される3単語全てが
音楽や音楽業界において重要であったり縁起が良かったりする単語。
『グレイトヒッツ』の舞台となるノイズシティで最大手、という設定が伝わってくる。

●『グレイトヒッツ』では
ゲーム中のテキストでは文字数の関係で「ハーモニーメジャー」と
短めに表記される事が多い。

プリメイル・モード・Inc ●看板、メインタウン背景
Premail Mode
●謎の単語「premail」の推測
「premail」の詳細は不明。「書きかけのメール」のような意味?
「premail」は、単純にフランス語単語「primaire」の誤字の可能性もある。

フランス語で「primaire」(プリメイル)、英語では「primary」(プライマリー)、
これは日本語では「原始的な」「初歩の」などの意味を持つ単語。
ビジュアル系の単語として使える単語なのか?

●用語「mode」の解説
「mode」は、音楽用語としては英語の「musical mode」の略語として存在。
「mode」ないし「musical mode」は、日本語訳すれば「旋法」の事。
なお、ゲーム中の看板とメインタウン室内背景で「Inc」は省略されている。
メインタウンの道端にいるキャラは「プリメールモードInc」と読んでいる。

ピチカート・ポップス ●看板・メインタウン背景
Pizzicato Pops
●用語の解説
「pizzicato」(ピチカート)はイタリア語。「弦を指ではじく弦楽器奏法」の事。
「pops」(ポップス)は、音楽ジャンルから取られていると思われる。
コンデンス・ハウス・カンパニー ●メインタウン背景
Condense House

●看板
Condense House Campany

●用語の解説
「condense」(コンデンス)は英単語で、意味は「凝縮する」「要約する」など。
「condensed score」(コンデンスド・スコア)という音楽用語があるそうで、
編曲の概略を示す為に圧縮または省略されたスコアの事らしい。

「house」(ハウス)は英単語としては「家」だが、
音楽ジャンル「house music」(ハウス・ミュージック)から引用している模様。

●『グレイトヒッツ』では
なお、『グレイトヒッツ究極本』P8では
「Conderse House Campany」(コンダース・ハウス・カンパニー)という誤字がある。

スキャロップ・トラックス ●看板
Scallop Tracks
●用語の解説
おそらく「scalloped fingerboard」(スキャロップド・フィンガーボード)から。
これは、ギターなど弦楽器において「えぐれ加工」を施した指板を指すとの事。
「Tracks」(トラックス)は、データで録音された曲を表す
英単語「Track」の複数形からか?

--------------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
地名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

地名で音楽用語が使われているのは『グレイトヒッツ』の舞台となっている「ノイズシティ」そのものと、
登場する地区のひとつである「ストンプタウン」のみ。

--------------------------------------------------------------------------------

名称 他表記パターン 引用元音楽用語の解説とネーミング考察
ノイズシティ ●書籍英語
Noise City
●用語の解説
「ドン・ノイズ」と同じく「Noise」からで、おそらく間違い無いと思われる。

●キャラクター「ドン・ノイズ」の考察
逆に、「ノイズシティでナンバーワンの実力者」であるからこそ
彼の名前が「ドン・ノイズ」なのだとも言える。

ストンプタウン ●ショップ内背景
Stomp Town
●用語の解説
「stomp」(ストンプ)は音楽用語としては、ジャズダンスのリズムのひとつを指す。
英単語「stomp」の本来の意味通り、「足を踏み鳴らすように激しく」という事らしい。

●キャラクター「ベルリラ」の考察
また、「ドラム缶やデッキブラシを使うダンスパフォーマンス」の事も「stomp」と呼ぶが、
『グレイトヒッツ』でデッキブラシといえば、タレントの「ベルリラ」の代名詞である。

ベルリラが『グレイトヒッツ』本編で最初に登場するVC「Scottiy Pizza」は
このストンプタウンでリリースされる展開となっている為、キャラクターとしては
当初はストンプタウンに紐付けされた存在の在野タレントとして考案された可能性もある?

--------------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ショップ名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

店が掲げている看板に記載されている名前の一部も、音楽用語が使われている。
看板以外で名前が出てくる事は無いので、他の表記パターンはゲーム中では確認出来ない。

名称 他表記パターン 引用元音楽用語の解説とネーミング考察
BIG BAND SHOP - ●『グレイトヒッツ』では
ベガスタウン1丁目のショップのひとつの名前。

●用語の解説
「Big Band」(ビッグバンド)とは、ポピュラー音楽…主にジャズのバンド形式。
基本的に大人数で編成されるものとなっている。

POP ROCK SHOP - ●『グレイトヒッツ』では
ベガスタウン繁華街でBGを販売しているショップの名前。

●用語の解説
「Pop Rock」(ポップ・ロック)は、
「ポップ・ミュージック」と「ロック」を融合した音楽ジャンル。
ギターを基本に、軽い歌詞と曲調を併用したものとされる。

White Pearl - ●『グレイトヒッツ』では
ベガスタウン居住区画にある民家の名前。

●用語の解説
アメリカ・テキサス州出身のギタリスト「Cal Green」(カル・グリーン)が
1989年にリリースしたアルバムおよび曲の名「White Pearl」からの引用と思われる。

NOISE GATE - ●『グレイトヒッツ』では
ダストタウン2丁目にあるクラブの名前。

●用語の解説
「noise gate」(ノイズゲート)とは、雑音の低減を目的とした機材ないしエフェクター。
一定レベル以下の音声信号を減衰、遮断する機能を持っている為、
その用途は音楽だけとは限らない。

REVERBE - ●『グレイトヒッツ』では
ダストタウン2丁目のショップの名前。

●用語の解説
看板の「reverbe」は、英単語「reverb」の誤字かもじりと思われる。
英単語「reverb」(リバーブ)は「reverberation」の略語で、「残響」の意味。
音楽用語としては、電子楽器で残響音を出す為のエフェクターの事。

Biree Scene - ●『グレイトヒッツ』では
ダストタウン2丁目のブーマーがいる場所の名前。

●用語の解説
「Michael Jackson」(マイケル・ジャクソン)のムーンウォーク初披露曲として
世界的に有名な1983年の曲「Billie Jean」(ビリー・ジーン)のもじりと思われる。

「Biree」というのは「ビリー」の別パターンの綴りだが、特定の人名ではない模様。
「Scene」(シーン)は幅広い用途の英単語だが映像的な「場面」だけでなく、
音楽用語として「music scene」(ミュージック・シーン)、「音楽シーン」と
いったように「業界」や「界隈」を指すような言い回しをする場合もある。

TREMOLO - ●『グレイトヒッツ』では
ダストタウンのタレントショップの名前。

●用語の解説
「tremolo」(トレモロ)はイタリア語。「振動」や「ゆらぎ」の意。
音楽用語としては、単一の高さの音を連続して小刻みに演奏する技法、
ならびに複数の高さの音を交互に小刻みに演奏する技法、という意味を持つ。

歌星公司 - ●『グレイトヒッツ』では
東華タウン九龍区画のタレントショップの名前。

●用語の解説
「歌星」は中国語で「スター歌手」の意味。英語ピンイン読みで「Ge Xing」。
タレントショップにぴったりな、縁起のいい名前。
なお、「公司」は中国語で「会社」の事。ピンイン読みは「Gong Si」。

電影百貨 - ●『グレイトヒッツ』では
東華タウン九龍区画に複数ある店の名前。

●用語の解説
「電影」は中国語で映画や動画という意味。ピンインでは「Dian Ying」と表記する。
英語では「video」や「movie」などに相当する単語なので純粋な
音楽用語ではないものの、ビデオクリップを扱う『グレイトヒッツ』にピッタリ。

歌舞伎座 - ●『グレイトヒッツ』では
東華タウン富士山区画のタレントショップの名前。

●用語の解説
「歌舞伎座」とは現代においては、東京都中央区銀座にある
「株式会社歌舞伎座」が経営する歌舞伎専用の劇場の名前である。
語源は諸説あり、元々は固有名詞ではなく普通名詞だった可能性もあるとされる。

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

●『グレイトヒッツ』攻略記事初アップ:2003年11月06日(木)
●「キャラ名引用元音楽用語」コーナー追加:2015年06月16日(火)
●最終更新:2015年06月28日(日)

『グレイトヒッツ』攻略トップに戻る

 

 

 

inserted by FC2 system