同人トップに戻る

同人頒布以外の外部活動

「村上ネビ」個人の外部活動や、同人サークル「永遠剣」の活動の一環として、
ゲーム実演や大会・対戦会等に出場した履歴を「自サイト・自サークル外の活動」と一括して記録。
現状まだ多くはないので、雑誌の読者投稿コーナー掲載や開発協力といった事もまとめてここに掲載。

大きく増えてくるようであれば複数ページやディレクトリに分離する予定。
ハンドルネーム無しの本名丸出しだったような活動は、
身バレ防止の為に基本的には公開しない予定。

--------------------------------------------------------------------------------

2015年11月01日(日)…ゲームレジェンド23、スペース【74a】参加
とにかく最大のウリは『グレイトヒッツ』資料展示と、口頭での紹介。
それと同時に、ラックプラスの『サジタリウス・エー・スター』の紹介やリプレイ上映を行いました。
新刊の『サジタリウス・エー・スター』紹介同人は間に合いました。

『グレイトヒッツ』が同人ではなく資料展示と口頭での紹介となる理由は、
十数年前からずっとファンだし、当サイトの攻略記事やレビューで語り尽くしている感があるから。
それと、今リアルタイムで急激にハマっているけどネットに資料や詳細なレビューの無い
『サジタリウス・エー・スター』の研究に全力を傾けたらどの程度の紹介が出来るか、
どの程度の資料を自分の手で生み出せるか、という両極端な実験を行ってみたいから。

サークルカットは、『グレイトヒッツ』を代表するモブキャラのバニーちゃん。
ベガスタウンの機材素材ショップの一部で掲げられている、バニーちゃん看板っぽいポーズで。
下記はキャプション無し版データ。実はマウスオンリーで描いたという事はナイショだ!
原寸が900ドットくらいなら、白紙の状態からマウスで描いていく方がアンドゥがしやすくて楽なんだもんなー。

--------------------------------------------------------------------------------

2015年05月24日(日)…ゲームレジェンド22、スペース【65a】参加
ここまでの既刊同人の在庫を頒布する事と並行して、
超ゲーマーである友人・おせんチネルさん、Miiさん、ご両名による機材協力で
『ショックトルーパーズ』と『ショックトルーパーズセカンドスカッド』の攻略実演をやってきました。

1作目『ショックトルーパーズ』は、最重要操作「前転」と実は連打していると無敵の「交代」を
一度も使用する事無くノーコンティニュークリアを達成するという大道芸プレイを披露。
「前転ゲー」「ビッグママ一択」というイメージを覆すこと間違いなし!

2作目『ショックトルーパーズ セカンドスカッド』はスコア稼ぎにまで言及している人が
なかなか見当たらないので、作中最高評価である階級「元帥」を余裕を持って出せる程度の
カジュアルなスコア稼ぎを「おてほん」のような気軽な感じで、サクっと安全運転で完走。
とにかく「難しくて敷居が高いゲーム」というイメージを緩和させて、ファンを増やしたい。

--------------------------------------------------------------------------------

2015年05月05日(日)…兄のCOMITIA112合わせ同人、アシスタントを少々
同人サークル「ヘルズ商事」代表、兄・村上矛智の
「COMITIA112」合わせの「ウォーハンマー40000」同人
『爆散40K コマンダーレイジ』1巻のアシスタントを何日かやった。
あとがきの謝辞には誌面の面積の関係で載ってない(身内だし)けど、少しだけね!

ゴムかけ、フキダシ配置を数話分、擬音用資料としてのゲーム版の動画探し、
各エピソード毎の前後にある表の仕上げやヘルプ、誤字脱字チェック、など。

あと、担当やアシとは若干違うが一部キャラのデザインは
兄曰く村上ネビのヨタ話が元ネタらしい(覚えていない)。

--------------------------------------------------------------------------------

2013年11月23日(土)…高田馬場ミカド『マーヴルスーパーヒーローズ』対戦会に参加
初のゲーセンでの対戦会への参加。
高田馬場ミカドのカプコンマーヴル格ゲーの対戦交流企画である
「横八無限大祭」の『マーヴルスーパーヒーローズ』部門にシュマゴラスで出場。

賑やかしのエンジョイ勢として出場したので、戦績は度外視。
「Ustream」のリアルタイム放送と、同日分の録画に残っている…はず?

--------------------------------------------------------------------------------

2013年05月26日(日)…ゲームレジェンド18『ヒットラーの復活』全エリアRTA
「ゲームレジェンド18」のサークルスペース「実演イベントスペース1」にて
魂太郎さん率いるサークル「スタジオレトロゲーム遊園地」様が主催する
『ヒットラーの復活』全面RTA大会に出場、参加者全4名。

サークルスペース「05ab」でも、モニターによる大会中継が行われていた。
ルールは「エリア1〜12の全エリアをクリア」で、「約26分30秒」という記録をノーミスで出して優勝!
厳密なタイマー記録と映像記録が残っておらず、記録はおおよその数値。
リメイクの更にリメイクである『マスターD復活計画』ガチ勢の友人・おせんチネルさんとの接戦だった。

また、告知ポスター用にイラストを1枚提供(「押し付けてしまった」とも言う)。

イラスト自体は「ゲームレジェンド18」前日、2013/05/25にアップ。

--------------------------------------------------------------------------------

2012年10月19日(金)…『フムフムACT'』Ver1.0.0制作協力完了
夢創さんが制作しているフリーゲー『フムフムACT'』Ver1.0.0の制作に協力。
前回と同じく、「デバッガー」、「マッパー」、「シナリオライター」として名前を出して頂いた。
この時の担当は「Ver0.8.0時点の敵キャラ全種のルーチン調査とテキスト化」に端を発する
「敵キャラ全種のルーチン一新の為の案出し」がメインで、
そのおまけで「敵味方パラメーター調整」も担当実施。

基準バージョンは「Ver0.8.0」で作業開始は2012年05月18日(金)なのだが
「作者である夢創さんご本人が当時多忙で実装時間を取れなかった」らしい事と、
「村上の敵ルーチン考案がリテイク込みで難航していた」事の2点が理由で
綿密なテストプレイと実装を行えていない為、Ver1.0.0リリース時点では完成しきっていない。

この後も夢創さんご本人による実装作業は続き、現在の最新版は2013年春の「Ver1.1.3」。
村上が『フムフムACT'』制作に関わったのは、現状ではこの「Ver1.0.0」が最後。

--------------------------------------------------------------------------------

2011年11月12日(土)…『フムフムACT'』Ver0.8.0制作協力完了
夢創さんが制作しているフリーゲー『フムフムACT'』Ver0.8.0の制作に協力。
説明書とスタッフロールに「デバッガー」、「マッパー」、
「シナリオライター」として名前を掲載して頂いた。

実作業の担当は「デバッグ」、「マップ制作」、「ゲームバランス改善提案」、「シナリオ補強」。
元々はpixivとtwitterが縁で2011年08月12日(金)にマッパーとして夢創さんに指名を受け、
基準バージョンとして同作の当時最新版「Ver0.5.0」を使用。

--------------------------------------------------------------------------------

2003年頃…兄のサークル「ヘルズ商事」の同人に僅かに関与
兄・村上矛智の同人サークル「ヘルズ商事」の同人
『ヘルズ商事の本3完全版 地獄からきたKEY本 純ファン禁』に
スーファミ版『エリア88』の簡易的な攻略記事(全1ページ)を寄稿。

『ヘルズ商事の本6 ヘルMR〜究極!!イージス仮面とは!?〜』では
サークル内の内輪ネタ描写の人数合わせとして村上ネビ相当のキャラが出ている。
あと、兄曰くどうも「イージス仮面」の発案者が自分…らしい(覚えていない)。

探すとまだ少しあったような気はするけど、特にちゃんと関わったのは
2015年の『爆散40K コマンダーレイジ』1巻までではこの辺り。

--------------------------------------------------------------------------------

2002年から2005年頃まで不定期…「月刊アルカディア」読者投稿コーナーにちょこちょこ掲載
旧ハンドルネーム時代…というか、最初は当サイト開設前。
掲題の通り不定期ではあるものの、2002年から2005年頃の間に
アーケードゲーム誌「月刊アルカディア」の読者投稿コーナーに応募していた。

初掲載は2002年4月号で、一応QUOカードをもらった事もある。
当時は未熟なのに絵を描いたり、文を書いたり、一発ネタを出したり、
という事を薄く狭く行っていた上に肝心の採用率も低かったので、雰囲気はお察し。
今見たらすげえ寒いかもしれなくて恥ずかしい!

--------------------------------------------------------------------------------

だいぶ昔…某イラストコンクール最優秀賞受賞
素性バレはしたくないので、詳細は割愛。
でも、絵とかゲームとかの趣味でそんなすごい賞をもらった今の所唯一の経験がコレ。

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

inserted by FC2 system